2013年8月30日 (金)

F430。

43001 珍しくF430が入ってきました。

作業的には何て事ありません、
バルブコントローラーの取り付け。

しかも、ノーマルマフラーのままで。。。

外車ではよくある排気バイパスバルブ、
アイドリングは静かで、高回転では直管。てやつですね。

これをボタン一つでいつでも直管、
なんていうコントローラーが売っているんですね。



43002 ノーマルでもうるさいので、良く解りません・・・。


でも、面白い作業でした。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

2013.1.29 Z1100GPカスタム Vol.2

Gp04 入庫作業中の
Z1100GP。

なんかもうすぐ出来てしまいそう・・・。

またブログさぼってました。



えっ、
何も変わってないって。

違うんです、変わってるんです。





Gp15 フレームチェーンライン加工。














Gp16 フレーム塗装。

エンジン塗装。












Gp11 FCRキャブ、オーバーホール。














Gp13 オイルクーラー取り付け。














Gp14 ブローバイキャッチタンク加工。

お約束のウェストゲート風排出口に、
今回は機械的なパイプ配管。











Gp12 フロントブレンボに合わせて、

リアブレンボ化。


ハヤブサ1300R用のサポートを加工、
トルクロッド加工。








Gp10 純正の焼け焦げた管ヒューズを一新、

ZX12R用のヒューズボックスを分解、
Z1100GP用に加工、接続。











Gp09 ブラケットを製作して、
ヒューズボックスを極力自然にマウントします。












Gp05 部品取りに新品マフラーを購入。

今回はZ1000ーmk2用の手曲げステンのショート管。











Gp06 切断。


手曲げエキパイが欲しかっただけです。











Gp07 ステンのコニカルサイレンサーを使用して、ワンオフ。

マフラーステーなども合わせて製作。


コスト重視で用意したエキパイも、
意外と出来が良い。ラッキーだ。







Gp08 オーナー指定のワイルドな仕様。

コニカルサイレンサーに合わせた溶接仕上げのセンターパイプ、角度も抜群。











Gp17_2 あと、もう少しで完成。

掻い摘んで書きましたが、
意外と変更が多いんです。

解りませんね。。。




次回は奥のニンジャかな。

先回までバラバラだったやつ、

同時進行で結構進んでます。




それではまた。。。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

2012.11.29 Ninjaカスタム。

Ninja12 実はわたくしのニンジャ、

GPを預かる前に、ちょっと進行していました。


kawasaki GPZ900R Ninja。

かっこわるいです。。。








Ninja10 ということで、
全部バラバラにしてやりました。

今回は左のメインフレーム以外全部使いません。


さようなら、純正部品達・・・。







Ninja11 今回搭載するNEWエンジン、
  kawasaki ZRX1100エンジン。

予算の都合上、1200は買えませんでした・・・、とほほ。










Ninja08 早速バラしましょう。

奥がZRXで、手前がGPZ。
といっても見た目はほとんど変わりません。

今回の大きな改造は、
ZRXの6速化。

普通はZZR1100あたりのミッションを流用するのですが、
今回はちょっとケチってGPZ・・・。

GPZ用は流用不可と言われておりますが、
少しの妥協と頭を使えば搭載可♪

Ninja07
せっかくなので、
カバー類を塗り塗り・・・。

おぉ~新車だ。










Ninja04 完成~。
















Ninja02 今回、GPZミッションにした些細な理由の一つ、

社外の15ミリオフセットスプロケ。

実は2年ほど前に買い置きしておいたもの・・・、
どうしても使いたくて。。。

Ninjaでは、ワンランク難しいリアタイヤの6J化、
Z系程ではないが、
フレーム加工など数々の弊害が出てきます。

ZZRのミッションを使うと、
弊害の一つ、オフセットスプロケを買わなくていい。。。

スゴイ。
なんとZZRは最初から6Jのチェーンラインが出ているので、
ノーマルスプロケで6J履けるとか。。。

でも買っちゃったんだよね、スプロケ。。。


Ninja03 大量のゴミ。

エンジンばらしただけなのに、
ほんとに全部ゴミなのか、不安になります。。。










Ninja01_2 そしてエンジンは、

また封印・・・。



またいつか会おうね。。。










Gp03 さあ、お仕事です。

作業場も広くなったことですし。



先日入庫のGP。

あぁ~、
またバラバラにぃ~。



それでは次回。。。





 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日 (月)

2012.11.26 GPカスタム。

Gp01 次から次へと・・・。


新たなバイクカスタム依頼です、


kawasaki Z1100GP。


自分のバイク完成がまた遠く。。。


この不景気に、
ありがたい話です。




Gp02 ぱっと見、ZRXと勘違いした人も多いでしょう、

さすが原型車だけあって渋く、カッコイイです。

絶版車ならではのオーラがプンプンしております。


この車両、
すでにほとんどカスタム済み、

FCRキャブ、オーバースイングアーム、アドバンテージリアショック、バックステップ、カーカーマフラー、CBステム&フォーク、テクノマグネシオ前後ホイール、320φローター&ブレンボキャリパー、等々々・・・。

しかし、

リアのワイド化に伴うフレーム加工がなされておらず、
リアタイヤが若干斜め風。。。

予てから気にしていたオーナーが、Z2とFXの完成を見計らって入庫。

という訳。


フレーム加工、

つまり全バラです・・・。


頑張りましょう。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

2012.11.12 Z750FXダイジェスト。

Fxup01 完成してしまいました。

今回はろくに作業記事も書けず、
いつの間にか完成。

kawasaki Z750FX-1です。


とてもカッコイイのができました。
Z2に比べて、かなりシック。
大人な車体です。







Fxup02 さて、前回のZ2カスタム記録を見てない方のために、

またまたダイジェスト記事です。


前回同様、ベース車両がエンジンまでレストアされた車体ですので、
今回もエンジンはノーマル。






Fxup03 フレームフル補強。














Fxup04 フレームチェーンライン加工。














Fxup05 リアショック レイダウン加工。














Fxup06 当然フレームはダイヤモンドコート。


エンジン搭載が至難の業なZフレーム、
今回も、傷一つ付けずに荒技搭載。










Fxup07 フロントフォークはやはりオーリンズだが、
今回はブラックケースのブラックチタンコート。

リアもオーリンズブラック。

OZホイールのブラックに、タイヤはダンロップの180、
ナイトロスイングアーム、サンスタースプロケ、前後ウェーブローター、等々。





Fxup08 ブレンボレーシングキャリパー。

ブレーキホースワンオフ、ブラックゴールド。












Fxup10 リア ブレンボレーシングキャリパー、
ナイトロキャリパーサポート、
レーシングスタンドフック、
等々。











Fxup09 ナイトロ 手曲げチタンエキゾースト。



相変わらず芸術品。。。










Fxup15 アクティブ オイルクーラー。














Fxup14 ヨシムラTMR-MJNキャブ、
ピンゲルコック、
燃料パイプワンオフ。












Fxup13_2 ナイトロバックステップ、
ブレンボリアマスター、
タンクレス仕様、
ビレットキックカバー、エンジンマウント等々。










Fxup16 アクティブハイスロ、
ブレンボラジアルポンプブレーキマスター、
ブレンボタンク、ステーワンオフ、
ZX-9R用ライトスイッチ。











Fxup17 ブレンボラジアルポンプクラッチマスター、
DAEG用ウィンカースイッチ、

画像でも解るように、
メーターに至るまで新品。
走行距離ゼロのコンプリートマシン。









Fxup18 ナイトロステムキット、
スタビ、
ビレットライトステー、
クリスタルヘッド、
LEDクリスタルウィンカー。










Fxup19 新品テール、LEDテール加工、
LEDクリスタルウィンカー、
PMCシート。












Fxup20 ナイトロのグレーネードマフラー、

画像にちょっとだけ見える内部パーツも、
バッテリーのゲル化、
MFバッテリー対応ICレギュレーター、
ヒューズシステム、ハーネス、
ウオタニの点火システム、
等々、全て新品、社外アップグレードなどされております。






Fxup21 サイドカウル内にオイルキャッチタンクをワンオフ。

Z2とは意外と部品配置が違うので、全く違う形、位置で改めてワンオフです。










Fxup22 インナーフェンダー上部を貫通してきたブローバイのアウトは、

途中、長すぎるホースをまとめるため、
ホルダーを介してスイングアーム下へ。










Fxup23 先回のZ2同様、
ブローバイ排出口は、マフラー脇にウェストゲート風にセット。












Fxup24 仕上げはやはりこれ、

オーナー専用コーションプレート。


フロントです。
型番は先回とまた違います、
理由はオーナーに聞いて下さい。。。







Fxup25 リアコーション。

先ほどチラッと見えたかもしれませんが、

インナーフェンダー内、
ブローバイホースのホルダーにセット。



晴れてコンプリートマシンとなりました。





Fxup26_3 外装はまたしても、ドレミ復刻新品。

今回はワインだそうです。
黒と良く合いますねぇ。

画像はまだ各部エンブレムが付いてませんけど、
新品ということで、ご愛敬。。。


毎回納車日は胃が痛いです・・・。



完成。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

2012.9.21 FXカスタム。

Fx001 そういえば、

先回のZ2カスタムの完成から、ブログ更新を忘れてるね。


2号機の製作は大分進んでおります、
というか、
もうできちゃう・・・?

最大の難関、電気工事が残っておりますが。。。



改めて。
2号機は、
kawasaki Z750FX-1  

Z2の兄弟車です。


使用部品はZ2とほぼ一緒。
Z2に反して、パーツのほとんどはブラック仕様で構成されてます。
フロントフォークのブラックオーリンズ、ブラックチタンコート仕様なんかは絶品、
大人オーリンズです。エロい。。。


それではまた。

次回更新をお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

2012.7.3 Z2ダイジェスト。

Z203_3   
先日、無事納車されたZ2。

なんか名残惜しいです・・・。


それでも、オーナーさんが、
とっても乗りやすいと・・・、 最高のほめ言葉です。造った甲斐があります。

ノーマルの乗り難さと、異常な低パワー、どうなるかと不安だったようですが、
良い意味で最新型のZ2が出来上がりました。

簡単にいうと、

17インチワイド化、エンジンノーマル、TMRキャブ、マフラー、ブレーキチューン、サスチューン、冷却チューン、等々・・・、74年式の弱点を全て克服するといったカスタム。
当然最高級な部品を使用して・・・。


Z221 オーリンズフロントフォーク、
ブレンボレーシングキャリパー、
ブレーキングウェーブローター、
OZホイール、
ダンロップα12Z、










Z240 ナイトロステムキット、

オーナーにそういえば説明していませんでした・・・、

ステム裏にしっかり純正ハンドルロックを装備しております。








Z218 ナイトロワイドスイングアーム、
ブレーキングウェーブローター、
ブレンボレーシングリアキャリパー、
OZホイール、
キャリパーサポート、
レーシングフック、









Z226 オーリンズフルアジャスタブルリアサスペンション、
フレームレイダウン加工、
サンスタースプロケ、
ブラックチェーン、
ローラースライダー、
クラッチレリーズプレート、
F23mmオフセットスプロケ、
ステップフレームカット、






Z249 ナイトロマフラー、
アクティブオイルクーラー、
ビレットエンジンマウント、
ビレットキックカバー、
フレーム補強、
フレームチェーンラインワイド加工、









Z220 ナイトロバックステップ、
ブレンボリアマスター、













Z250 TMR-MJNキャブ、
ワンオフフューエルライン、
ピンゲルコック、












Z204 メインハーネス引きなおし、
7系統ブレードヒューズ化、
ICレギュレーター化及びMFバッテリー化、
サイドカウル内にブラケット製作収納、
ヒューズボックスの奥はPAMS製のウオタニSP2点火ユニット、









Z238 ウオタニコイルユニット、
シリコンプラグコード、


Z239_2


 ウオタニ フルトラ化、


















Z233  バッテリー下部には
オイルキャッチタンクをワンオフ、設置、


20120516_131757
絶妙にスイングアーム可動域、チェーンラインを確保、

インナーフェンダー下部をカットし、
スマートにエロく造っております。
















Z232 マフラー脇にはブローバイの排出口、

ウェストゲート風にさりげなくパイプ製作してあります。


大人なのでホースをテールまで延ばしたりはしません。

Z214 極力スマート、合理的に造っておりますので、
シート下小物入れも確保されております。












Z235 フルレストア、フルカスタムということで、
キーシリンダー類は全て新品に交換、

気持ちの良い新車になっております。



Z248


ブレーキ、クラッチには、
ブレンボのレシオ調整付ラジアルポンプマスター、









Z223 当然リザーブタンク、ミラーホルダーもブレンボ純正、

ステーはブレーキ、クラッチともにワンオフ、

アクティブの薄型ハイスロを装備し、
ライトスイッチはON-OFF、POS可能な輸出用のZX9R、







Z224 合わせて左スイッチ類も最新鋭ZRX1200-DAEGに交換、

古いバイクにはありがたい、ウィンカーのクイックリリース、

ネイキッドバイク用にウィンカーポジション機能を内蔵し、ウィンカー出力時はポジション消灯機能をも内蔵した優れもののスイッチASSY、

しかも、チョークレバーなし、
インジェクション用なので当たり前ですが、
時代とは恐ろしいものです。

社外キャブに変えた時のプラプラしたチョークレバーを一発解決、

とてもスマートなバイクが出来上がります。

左右ともに、よくある社外スイッチではなくカワサキ純正ということで、
質も機能もスマートさもぐっと上がります。

配線に自信のある人は是非。

完全に最新型Z2です。

Z244 イニシャルアジャスターにはノブを追加、

容易なサスセッティングが可能になります。









Z209 最新型Z2にふさわしく、
容赦なくヘッドライトはクリスタル化、
ウィンカーもLED化、












Z213_2  当然、テールもやっちまいます、
LED化、















Z234 特殊なZ系バイクはウィンカーブラケットも造ってやらないと、
社外ウィンカーが付きません、

これもまた、
スマートに見えない所にブラケットをワンオフしてやります、





Z251 あんこ抜きシート、カウル類一式は、暫定でドレミの復刻新品、

これから幾度も外装チェンジが入りますので、
このバイク、探しても無駄ですよ、











Z205_2

最後にコンプリート製作のお礼として、
オーナー固有のコーションプレートをプレゼント、










Z228_2 とはいえ、
貧乏な我が社はコーションプレートもワンオフ、

ブラスプレートにカッティングを貼り付け、

必要な所にマスキング、

そのままサンドブラストで一度彫ってしまいます、


そして、そのままブラック塗装、


Z227  マスキングを剥がすと、

おお~、完ぺき、


適度な彫りとブラスト感が気持ち良い、




あとは、丁寧に丁寧に切り出していきます、
ここで焦るとゴミ箱行きです、



Z210_2 


1枚はフロントステム、













Z216 もう1枚はリアのインナーフェンダーにさりげなく装着させて頂きました、















Z202_2 完全新車、完全コンプリート、気まま自由なフルオーダー、

みなさんも是非1台、




オーナーさんいい仕事ありがとう。





Fx01
しかし、今回は2台造って欲しいとの注文、


兄弟 、
Kawasaki Z750FX、





既に格好良くなるオーラは備えております、

あとは引き出してあげるだけ、















Fx02 もう始まっています、






  お楽しみに。。。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

2012.6.20 夏です。

Suisou01 久しぶりの趣味ネタ。

やってしまいました、
また水槽。

夏になるとどうしても水が触りたくなります。


リビングの癒しと言い訳をつけて、

妻を説得。



楽しいです。





Suisou03 といっても、

手軽な癒し水槽ですから、
魚はテトラしかいません・・・。


しかし、

今回はエビを投入。


昔からビーシュリンプの飼育にはちょっと気を引かれていたのだが、

なかなかこんなチビなエビを単独飼育する機会はありません。


Suisou02 ビーシュリンプといえば体長10ミリ程にも関わらず、
1匹1000円以上する高級エビ。

とても、とても、混泳なんてできませんから、

今回はレッドチェリーシュリンプ。


値段なんて関係ありません。

カワイイです。。。

とっても。




癒しです。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

2012.5.23 またつまらぬ物を造ってしまった・・・。

Gate01 少し前の作業なのですが、

ボツ記事になる前に書いておこう。


なにせ、
これを造ってすぐに、オーナーが車を変えると言い出したもので・・・。



最初に言っておきますが、原付のマフラーじゃありませんよ。

ここのところバイク記事が多いので・・・。


Gate02 解りますかね、

ウェストゲートのサイド管です。



この車、
すでにエンジン等フルリジット化されていますので、
気兼ねなく製作できました。

通常だと防振、可動域を考慮しなきゃいけませんよ。



Gate03 サイドステップに穴をくりくり。。。


当然フロアなどもちょいと触っております。












Gate04 遮熱板を造って・・・、















Gate05 完成。


いろいろ考えたので、
いい音します。。。


なのに、

なんで、、、

なんで、車変えちゃうの。



実は、
古くなったこの車体の箱替え。


オーナーがかねてから気にしていた、車体の痛み、


良い車体が見つかったということで、
全てのユニットを新しい車体に移して欲しいということ。

なんで、、、

なんで、面倒くさいじゃん。。。


冗談です。。。



しかし、ほんとにこの車、
ファインチューンのリビルトエンジンにTD-06タービン、フルリジット、フルピロ化され、
その他パーツも満載。
全て新品で製作されているので、
まだ5000キロくらいしか走っていないと思われる。

オーナーも現車をとても気に入っているので、

ほんとに全部、次の車体に移さなくてはいけないでしょう・・・。


一緒に頑張ろうね、

オーナーさん。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

2012.4.27 Z2通信。 リヤブレーキ編。

Bs12  そろそろ完成が近付いてきたZ2。

全てを記事にしてたらきりがないので、
かなり掻い摘んでいますが・・・。

今回はリヤブレーキでも書いておこうか。。。


オーナーの小さな希望だったリヤのブレーキマスター、

今回、
キャリパーからFブレーキ、クラッチのラジアルマスターまでブレンボレーシングで統一してきたこの車両、

正直、リヤのブレーキマスターで悩みました。

意外とブレンボからはリヤマスターというのはリリースされてないんですよね。。。


無い事はないんだけれど、
他のブレーキパーツに比べて、地味というかブレンボマークも付いてない様な純正マスター並みの商品ばかり。。。
しかも形状は特殊で、到底Z2には付かない様なものばかり・・・。


考えてみれば当たり前なのですが、

本来、必要にかられて装着する機能部品、
使用用途は普通、レース。
レプリカバイクなどに使用するのが普通ですね。

レプリカだとこの手の部品は、
バックステップやカウルで隠れてしまう部品です。

魅せるなんてことはないのが普通。


悩んだねぇ~。


一度はオーナーにNISSINのマスターにするよと、
逃げ道をつくってみたものの、
なんか申し訳ない・・・。

無いものはしょうがないと聞き分けの良いオーナー。。。

余計申し訳ない。。。



Bs08_2 自腹覚悟で用意しましたよ、
付くかも解らないのに・・・。

ネタをばらせば、少しステータスには欠けるが、
ここまで来たら、ブレンボで揃っていない方がおかしい。。。

この手のネイキッドバイクにブレンボを得意とするメーカーがあったんですね。

そう、

ヤマンボ。

話が長くなるので、車種は自分で考えて下さい。
ただ、ヤマンボマスターは原付~リッターバイクまで、大半のマスターが1/2インチ径。

大型バイクでも十分なカップ容量なので、
制動力などもしっかりとれ、スペックもしっかりしています。



いざ、取り付け。

案の定、ボルト1本しか付きません・・・。

いや、1本付いたことがスゴイか、
しかも位置は出ている。。。


イケるぞ。。。


Bs05 アルミブロック、

切り出し、

溶接加工、

削り、

削り、

削り、




Bs04 完成。




そんな、簡単じゃねぇ~よ・・・。









Bs07 まだまだ、

今度は地味なマスターをちょい化粧。


ブレンボロゴをひたすらオイルストーンで削り・・・、

ほんとは削り出しのマスターに赤ロゴとか欲しかったんですが、

これを塗っちゃうと余計安っぽくなるので、
アルミ地のままがいいでしょう。。。


Bs02 地味なマスターは、
違う所で色気を出しておきます。


ほんのちょっとですよ。

挿し色ですから。



ネットで探しまくったリターンスプリング。


バックステップにもリターンスプリングは付属していますが、
まあ、
そのまま使う訳ないですよね。。。


Bs03 いいんじゃない。

やり過ぎず、な感が・・・。













Bs09 ブレーキホースも造りましょう。

激レアなブラック/ゴールドのアールズフィッティング。

もう二度と手に入らないかも・・・。

入手には親友の某ハーレー屋さんに協力してもらいましたが、

販売元があまり売ったことがないみたい・・・。



造り売りのホースはブラック/ゴールドも他社であるようですが、
やはり、カスタム車、
自分で造りたいですよね。。。


Bs11 全部取り付けて、

完成。



今回はリヤブレーキはタンクレス。
最近じゃ、リヤは標準でタンクレスがあるみたい。

わたくしは昔からこの感じが大好きです。


特注の耐油コート済みのシリコンホースを使用し、

アルミキャップも造って。

改めて、完成。


出来てしまえば普通でいいねぇ~。


毎回のことですが、
見えない加工がほんと大好きです、わたくし。



たまにわたくしのことをオラオラ系という人がいますが、

間違ってますよ、


とっても素朴な人間です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2012.4.17 Z2カスタム。 キャブレター編。